弁護士費用

弁護士に仕事を依頼する場合は様々な費用がかかります。
これがまた初めての人にはわかりづらいんですね。私も最初は混乱しました。

ここでは弁護士費用の説明してみます。

まず、相談料です。事件を頼む前に相談をする場合、通常は30分5000円がかかります。
ただし、最近は無料相談をする事務所が増えてきていることは既に説明した通りです。

事件を依頼する時に最初にかかるお金が着手金というやつです。
事件に着手するためのお金ですから、着手金というんですね。
着手金は結果にかかわらず返ってきません。
ただし、交通事故や債務整理問題については着手金は無料のところがほとんどです。

事件の結果によってかかるお金が成功報酬です。成功報酬と言いますが、完全に勝訴じゃなくても、少しでも利益があった場合は成功報酬がかかる場合がほとんどです。
たとえば100万円を誰かに貸したが返してくれないので弁護士に頼んで40万円回収できたとします。
この場合は失敗とも言えそうですが、40万円の回収に成功したとして、40万円のうちの16%くらいを取られます。

その他には交通費や通信費といった実費がかかります。

見落としがちなのが日当です。
弁護士が裁判に出かけたり、警察署に面会にいったりすると日当を取られます。これが意外と高額ですから、いくらかかりそうなのか事前に確認しておきましょう。

弁護士費用の相場

弁護士費用の相場は案件によってかわりますが、債務整理でしたら、着手金が0円、成功報酬は経済的利益の10から20%程度です。
たとえば100万の借金があった人が借金がなくなり逆に100万円の過払いがあったとなった場合、経済的利益が200万円で、20万から40万程度が弁護士報酬となるようです。つまり手元に残るお金は60万から80万程度ですね。
詳しく知りたい方は弁護士費用の相場をご覧ください。

刑事事件だと、着手金30万から50万程度、成功報酬も30万から50万程度が相場です。
ただし、刑事事件は警察署の面会などの日当がかかります。

また、示談や保釈をする場合に別途、着手金や成功報酬がかかる事務所もあるようです。

それとは別に示談金や保釈金を用意したりする必要もあります。

交通事故の弁護士費用は結構どこも似たり寄ったりですね。
だいたい着手金が0円、成功報酬が10%程度のようです。

一方、離婚事件は弁護士によってかなりバラツキがあるようです。着手金も10万程度から100万程度まで千差万別です。これは事案の内容によってもかなり変わってくるのでしょう。

弁護士報酬と弁護士会

弁護士報酬については統一的な基準はありません。
なお、難民認定や在留特別許可など公的なものについては、日弁連が援助をおこなっていますが、実際には不十分なようです。

本来、これは国がやるべきことであり、弁護士会の費用を使っておこなうことには批判も寄せられています。

なぜなら、弁護士会は弁護士会費で運営されているのであって、その費用は結局一般の顧客の弁護士報酬に転嫁されているからです。

援助制度については他にも、刑事事件において逮捕された被疑者に1回だけ無料で弁護士を派遣してもらえる当番弁護士制度や弁護士費用を援助する被疑者弁護扶助制度などがあります。

ちなみに弁護士会は強制加入団体であり、弁護士登録をする場合は必ず日本弁護士連合会と地方の弁護士会に加入する必要があります。
これは公権力からの自立性を守るためで弁護士自治といいます。

このページの先頭へ