無料相談の種類

弁護士事務所でも、無料相談をやっているところが増えてきましたが、まだまだ条件付きのところが少なくありません。
特に多いのが債務整理問題だけ無料相談というものです。
交通事故問題を無料としているところも多いですね。

あとは、刑事事件は初回相談のみ無料というところもあります。

それぞれ、なぜ法律相談が無料なのか。その理由を探ってみます。

債務整理相談が無料な理由

債務整理や自己破産、過払いといった借金問題の相談は無料としているところがほとんどです。
これは、当たり前ですね。借金問題に困っている人はお金に余裕がありません。相談料を設定してしまうと、そもそも、借金問題を放置して相談に来ないおそれがあるからです。

しかし、それ以上に、無料にしている大きな理由があります。
それは破産や過払いといった債務整理の仕事は「簡単」なのです。

離婚や労働問題であれば、戦う相手がいます。勝つ確率は半々ですよね。
しかし、破産の場合は書類さえ用意すれば、よほどの事情が無い限り裁判所は破産を認めます。過払いも最高裁の判例が出てからは、機械的な処理が可能となっており、消費者金融や闇金にはほぼ勝てる状態なのです。
しかも、弁護士の報酬もかなり高いのです。
つまり弁護士にとっては簡単で報酬も高く美味しい仕事というわけですね。

債務整理案件は、面談は弁護士がおこなっても、実際の処理は事務員がおこなっているという事務所がほとんどです。それでも全く問題がないからです。

あなたが債務整理問題で、弁護士を探しているなら、まずはとにかく費用の安い事務所を探すことです。
高いところに行ったからと言って結果は大して変わりません。
まずは値段です。そして、2、3個安い事務所を見つけたら、実際に相談に行きましょう。
無料なのだから、1つに絞る必要は全くありません。
そうして相性が良さそうと思った事務所に頼めば良いのです。

交通事故の相談が無料な理由

交通事故の問題も相談料を無料としているところが多いです。
交通事故相談が無料な理由は、何と言ってもその単価の高さです。
交通事故は死亡事故や後遺症が残るうようなものの場合、損害賠償額が数億円、数千万というケースが少なくありません。
そうすると弁護士報酬も数千万、数百万と膨大なものになります。
それに比べれば相談料の5000円など微々たるものなわけです。
その証拠として、交通事故相談は無料と宣伝していても、対象は重大案件のみで軽微な交通事故案件は相談料や着手金を取るところが多いです。

自分が無料相談の対象となるかはよくチェックしておく必要があるでしょう。

刑事事件の相談が無料な理由

刑事事件は債務整理と異なり、事務員ではできませんし、業務としても大変な部類に入ります。
したがって有料としているところがほとんどで、無料としているところは数える程度です。
ただ、初回相談は無料としてるところもあるにはあります。

その理由は刑事事件は依頼してくれる可能性が高いからです。
他の問題は、考える時間があります。別に今日依頼しなくても、2、3日考えてから、依頼することが可能です。
しかし刑事事件の場合はそうはいきません。家族が逮捕されたら、すぐにでも釈放してもらうよう弁護士に頼みたいと思うはずです。
何日か放置している間に、警察の取り調べで供述を強要されるということもあるかもしれません。

そのため、相談に来た人は、だいたいその弁護士に事件を頼むことが多いのです。
このように、仕事を獲得できる可能性が高いため、刑事事件であっても初回相談を無料としているところがあるようです。
ただし、相談料を無料とするかわりにその後の費用が高くなっている事務所もあります。そこは相談前にホームページや事務所の評判や口コミでチェックしておくべきでしょう。
5000円をケチったばかりに数十万、数百万損をしている人もいます。

その他の無料相談

その他の分野でも、初回相談を無料にしているところが少しずつ増えてきています。
これは司法試験が以前より簡単になり合格者が増えて弁護士の数が以前より増加しているためです。

サービスの値段が下がるのはどの業界でも良いことですが、質が悪い弁護士も出てきているようです。
無料相談はとりあえず気軽に行けば良いですが、依頼するかどうかは、その相談の回答がしっかりしていたかなどを見極める必要があるでしょう。

このページの先頭へ