よくある疑問

弁護士に無料相談したいと思う事柄は人それぞれです。
ある人は離婚について相談したいと思うでしょうし、ある人は借金のことについて相談したい人もいるでしょう。
個別的な質問はそれぞれが弁護士に質問するしかありませんが、法律事務所での予約の仕方や離婚した場合に養育費がいくらかとか破産したら近所にわかるのかなど、多くの人に共通する悩みもあります。
このページでは当サイトに寄せられた疑問の中で多かったものをいくつか紹介したいと思います。

相談全般

弁護士は偉そうで怖い人が多いと聞きましたが本当でしょうか。

これは、弁護士によりけりとしか言えないと思います。たしかに一昔前の弁護士は固そうで高圧的な人が多そうな印象でしたが、今は弁護士の数も増えて優しい先生もたくさんいるでしょう。
私が無料相談にいった事務所の先生もほとんどが、丁寧で穏やかな人が多かったですよ。

弁護士に頼まず自分で裁判をすることは可能なんでしょうか。

日本の裁判は法律で弁護士をつけることを強制していませんから、弁護士をつけず自分でやることも可能でしょう。
たとえば1万円の詐欺にあってこれを取り返そうと弁護士に頼んでも断られるだけでしょう。弁護士費用の方が高くなるはずですから。
費用や自分の知識と手間などを総合して、弁護士をつけるかどうか自分で判断していくことになると思います。

離婚でよくある質問

私のケースで慰謝料は取れますか?

事実と証拠から弁護士に相談しましょう。
ただし、弁護士に相談しても最終的には裁判などをやってみないと結果がどうなるかはわからないと思いますよ。

養育費はいくらもらえますか。

個別的な法律相談は弁護士にお願いします。ただし、養育費は目安として算定表というのを裁判所が公開していますよね。この算定表で大まかな費用を捉えて、細かくは弁護士に相談すると良いでしょうね。

男性は男性の弁護士、女性は女性の弁護士をつけた方が良いですか?

弁護士選びに性別は基本的に関係ないでしょう。
たしかに離婚問題などは男性弁護士の方が男性の気持ちがわかってくれる、女性弁護士の方が女性の気持ちをわかってくれると思いがちですが、弁護士は数多くの案件を担当しておりどちらの立場でも経験は十分です。
また弁護士は常に冷静な人ほど仕事ができるはずであり、あまり共感してくる弁護士は頼りないとも言えます。
男女問題ではむしろ相手の気持ちがわかるように自分とは異性の弁護士をつけた方が良いとも言われています。
性別などの類型で判断せず、弁護士の力量と人柄で決めたいものです。
なお、離婚については、離婚調停 私の体験談 自分で申し立ててみたが離婚までの流れがよくまとまっており、理解が深まります。

詳しい離婚制度などについてはこちら

借金問題でよくある質問

破産したら近所にばれますか?

普通はわかることはないようですが、官報には掲載されるようですね。

官報なんてもの私は見た事ないですし、普通の人は見ないと思いますがどうなんでしょうね。
詳しくは弁護士に相談すべきだと思います。

弁護士費用を払えないのですが。

借金問題で悩んでいるのですから、弁護士費用が気になるのは当然だと思います。
そういう人こそ無料法律相談を利用しましょう。
債務整理の依頼は相談料だけでなく、着手金がかからなかったり、費用を分割としているところも多いですから、気軽に法律事務所を訪問すべきです。

労働問題でよくある質問

休職期間満了で解雇されましたが違法ではないでしょうか?

すいません、私は弁護士でないので、具体的な質問はわかりません。こういった事態になったときこそ無料法律相談を受けるべきだと思います。

労働問題に強い弁護士を教えてください。

労働問題は借金や離婚とともに多くの人が悩む事柄の一つです。特に最近は景気が悪いため相談が増えているようです。
私自身労働問題に強い弁護士を何人か知っていますが、ここで紹介することはできませんので、地道に探してください。
ホームページを持っている弁護士もいますし、持っていない弁護士もいます。
やはり弁護士探しは最終的には自己責任だと思いますから。

このページの先頭へ