電話相談

無料相談が増えてきている弁護士業界ですが、電話相談をしている事務所は少ないですね。
無料相談をする理由は説明したとおり、事件の依頼につながるからです。
しかし、電話相談だと契約の話になりにくいため、そもそも電話相談をしていない事務所がほとんどです。

私自身、電話で相談したいと思っていくつかの事務所に電話したことがありますが、どこも弁護士にすら取り次いでもらえず、あきらめました。
今、思えば大切なことなのに電話で済むはずもなく、最初から予約して相談すべきだったと思います。

また、電話相談だと資料をみることができないという致命的な欠点があります。
契約書の内容、借金の取引履歴、浮気の証拠写真。これらを見ないで正確な回答をするのは無理でしょう。

このようなことを考えると、法律相談ではあまり、電話相談は向かないように私は思います。

人に物事を尋ねる以上、出向くのは当然だとも思いますしね。
まして無料相談ならなおさらです。

ただし、最近は借金の相談に限っては無料で電話相談できるところも増えてはいるようです。もっとも、結局、肝心で具体的な話になると、電話だけではわからないので、事務所にきてくれとなるようです。


先日、とある法律事務所の弁護士さんにインタビューする機会があり、電話で無料相談をするところが少ない理由を聞いてみました。

その答えは
やはり、面と向かってでないと、その人の表情などもわからず真意をつかみにくいことが一番の原因とのことでした。
また、無料相談はやはり、依頼を受けるためのもので、弁護士といえども、法律事務所の経営、事務員の給料や、自分の生活費を稼がなくてはいけない。医者のように、国から保険料が出ているわけでもなく、見返りのない電話相談を受けるのは現実的でないというのも本音ということでした。

このページの先頭へ